ドラえもんのひみつ道具で欲しいものランキング

ドラえもんがひみつ道具を一つだけくれたとしたら、いったいどうなるんだろう。そんな空想を、当ブログ『ドラえもんのひみつ道具を一つもらえるとしたら』では、ひみつ道具ごとにめぐらせています。

そうなるともちろん一番欲しいひみつ道具を決めたくなるもの。そこで、独断と偏見ではあるけれど、結構真剣かつ現実的に考えたランキングを作成しました。

ランキングの対象は当ブログで紹介済みのひみつ道具です。ブログの更新に合わせてランキングも随時更新します。現在のランキングは、てんとう虫コミックス『ドラえもん』第9巻までに登場した物と有名な物から選んだトップ10です。

1位: タイムテレビ

当ブログ的一番欲しいひみつ道具ランキングの第1位は“タイムテレビ”です! 時間と空間を越えて、過去や未来のあらゆる場所の映像が見られます。

まずタイムテレビに限らず、ひみつ道具は現代にあってはならないオーパーツです。世界を揺るがす、いやそれどころか世界を改変してしまうことすらあるでしょう。そこで重要となるのが秘匿性と波及効果の度合いです。

そのひみつ道具を使うことで第三者ひいては世界に影響を及ぼすか、また対象に直接干渉するかは、見過ごすせない重要な要素となります。

その点、こちらから一方通行で観測するだけのタイムテレビは、期せずして影響を世界に与えてしまったり、対象に感知される心配がありません。それでいて全知の片鱗(へんりん)に手が届こうかというほどの膨大な可能性を秘めています。

タイムテレビが見せてくれるのは、この地球の歴史、そのすべて。憶測も誇張もない、究極のドキュメンタリーです。

人類の進化の軌跡を見たい、ピラミッドの建造過程も見たい、恐竜の生態も見たい、クレオパトラの顔も見たい、古くから伝わる伝承を遡って見たい、ロズウェル事件の墜落現場も見たい、それからそれから……。どれだけ時間があっても足りません。

もちろん未来だって見られます。けれども未来を確認するかはタイムテレビの迷いどころ。将来を知ることは必ずしも有益だとは限らないし、大きな責任が生じるかもしれません。これは、もらってからおいおい考えるとしましょう。

ちなみに『ドラえもん』の世界観においては、未来の歴史は変えられます。しかし、予定された未来へ戻そうとする歴史の修正力が働く上に、大局は変わりません。

2位: ○×うらない

しくじりをして「***と知っていたら、こんなことにはならなかったのに」と悔しい思いをするのはよくある話。「失敗は成功のもと」とはいうけれど、人生の糧にはなりえない失敗もあるのが現実です。

○か×かで答えられることなら、どんな質問にも100パーセント信用できる答えを出してくれる“○×うらない”があれば、そんな無駄な選択ミスをなくせます。

たとえば絶対に失敗したくない選択の一つである住まい選び。欠陥住宅ではないか、近隣にマナーの悪い住民はいないか、自分のライフスタイルに合っているか、などの知りたい情報を100パーセントの精度で事前に確認できます。

もちろん、日々の小さな選択にも○×うらないは有用です。とにかくあらゆる場面で自分にとって価値あるものを的確に選べます。

○×うらないの使い道は選択の参考にとどまりません。身体に関して占えば、万全の健康診断となります。大掛かりな人間ドックに入らずとも、ガンなどの大病を手軽に、そして必ず早期発見できます。

ほかにも、地球外生命体は地球に飛来しているのか、ビッグフットは実在しているのか、そんなオカルトめいた話に白黒つけるなんてことも。とにかく知りたいことすべてに○×うらないは答えてくれます。

当ブログの見解では、○×うらないが判断できるのは既定の事実だけで、未来を問う質問には一切反応しないと推測しています。これはむしろ好都合、1位のタイムテレビのように未来を知る重責が生じないのだから。

3位: E・S・P訓練ボックス

子供のころ、超能力者になりたいと思いませんでしたか? “E・S・P訓練ボックス”があれば、そんな夢を実現できます。

E・S・P訓練ボックスは、3種類の超能力、念力・透視・瞬間移動を会得するための訓練を積めるひみつ道具です。ただし、超能力を自由自在に使いこなせる一人前の超能力者になるまでには、毎日3時間ずつ訓練して3年かかります。

念力で自分の体を飛ばせば“タケコプター”、透視は“透視メガネ”、瞬間移動は“どこでもドア”、といった具合に各種のひみつ道具と同様の効果が得られるので、「ドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえる」という条件下では非常に有利です。

そしてなにより、「超能力者になれる」ということ自体に格別の価値があります。少年漫画やアメコミに登場する、特殊能力を駆使して活躍するキャラクターたち。彼らのような「特別な存在」になれるのです。

良くも悪くも「俺スゲー」感が否めない、子供じみた憧れかもしれません。でも夢を実現することで覚えられる自己肯定感がポジティブなものであることに違いはないでしょう。これは特筆すべきメリットです。

超能力者になれるメリットの前では、3年間に及ぶ労力を要するデメリットも大した問題になりません。超能力という格別な技能の習得期間として考えれば、むしろ短いすらといえます。

4位: タイムふろしき

そもそも“タイムマシン”がなければ『ドラえもん』の物語は始まらないのだから、ひみつ道具の花形といえば時間を操るものでしょう。とはいえタイムパラドックスが怖くて、そういったひみつ道具はおいそれともらえません。

でも、特定の物体の時間だけを操るのなら大丈夫そうだ。というわけで“タイムふろしき”のランクインです。

時間を操る、特に時間を戻すのは宇宙の理(ことわり)に踏み込むとんでもない所業ですが、その使いどころは意外と日常的です。

例えば洗濯。脱いだ服にさっと掛けるだけで着る前のきれいな状態へ戻せます。通常の洗濯と違って服を傷めないどころか、よれたりほつれたりした箇所も元どおりになります。

食品に使えば、消費期限をリセットできます。生鮮食品の時間を店頭に並ぶより更に前へ戻して、収穫直後の新鮮な状態で食べるなんてことも。通常なら農家や漁師でなければ味わえない贅沢です。

修理にだって使えます。壊れる前に時間を戻せば、家電でもなんでも直せます。

そしてタイムふろしきの究極の活用方法は若返りです。若くて活力に満ちた肉体を望む限り維持できます。病気やケガも治せるので恐れるに足りません。

当ブログの見解では、タイムふろしきは脳の時間を戻さないので、いずれは死が訪れます。けれどもそれは十分すぎる時間が経った頃でしょう。

ドラえもん ひみつ道具マジック タイムふろしき
タイプ:
おもちゃ&ホビー
発売元:
テンヨー
評価:
Amazonでレビューを見る

5位: かならずあたる手相セット

自力ではいかんともしがたいことがこの世にはあります。そういった因子が自分にとって有利か不利のどちらに転ぶか。それを分けるものを人は「運」と呼びます。

もしもそんな運を味方につけることができたなら。というわけで、手相を書き替えて運勢を操るひみつ道具の“かならずあたる手相セット”がランクインです。

手を抜いて運任せにしたときより、むしろ力を尽くしたときこそ運勢が気になるものです。かならずあたる手相セットで幸運を味方につければ、不運で努力が水泡に帰することがなくなって、力を尽くすことの価値が劇的に向上します。

自分に一切の過失がないのに事故や事件に巻き込まれる。そんな不慮の事態を避けられるだけでも、かならずあたる手相セットは十分すぎるくらい有用です。これさえあれば、もう貧乏くじを引くことはありません。

24時間あらゆる面で幸運がサポートしてくれます。このメリットの前では、手の平に墨で線を書き入れる見た目の間抜けさもさしたる問題になりません。これから待ち受ける天命を好転させられるなんて、まさに夢のようなひみつ道具です。

6位: もしもボックス

一つだけもらえる」という条件でひみつ道具をランクづけするなら、まず頭に浮かぶのは万能系でしょう。問題は今いるこの世界を改変してしまうおそれがあること。そこで“もしもボックス”です。

大長編『のび太の魔界大冒険』のドラえもんとドラミちゃんによる説明によると、もしもボックスはパラレルワールドへの入口です。

中へ入って受話器に希望する条件を告げると、ベルが鳴り響き、そのとおりのパラレルワールドになります。取り消しを告げると、元の世界へ戻ります。

元の世界はそのままに、自分の思いどおりの世界をパラレルワールドという形で実現できます。たとえつかの間の夢だとしても、自分のためにある世界で過ごす時間は、究極の余暇になるはずです。

現在の医学では治せない病気になっても、もしもボックスがあれば大丈夫。その病気の治療法が確立されたパラレルワールドへ行けば難なく治せます。

そして究極の使い方は、パラレルワールドで生涯を過ごすことです。それはつまり元の世界を捨てることにほかなりません。それでも、自分と世界が相反したなら、パラレルワールドへの移住は選択肢の一つとして有効でしょう。

とりあえずカート・コバーンやジェフ・バックリィなど早世したミュージシャンが存命しているパラレルワールドへ行って、彼らの新曲を聴きたい。そう、もしもボックスを使えば、藤子・F・不二雄先生による『ドラえもん』の新作が読めるのです。

7位: フエール銀行

「世の中お金がすべて」とはいわないけれど、お金はあるに越したことはない。というわけで、この手のランキングに“フエール銀行”は欠かせません。

フエール銀行は、1時間ごとに利息がつく銀行の携帯型ATMです。1時間あたりの金利は、普通預金なら10%で、融資を受けた場合だと20%です。

計算するまでもなく、ちょっとした預金があっという間に途轍もない金額に膨れ上がります。これは現代社会においてこの上ない効果です。お金の多寡が人生の充実感を左右するのは否定しがたい事実でしょう。

問題は、フエール銀行は我々が暮らす現代の経済体制から外れた存在であるため、これから利息を受け取るのは事実上の脱法行為にあたることです。

自分のモラルとは折り合いをつけれたとしても、国税庁についてはそうはいきません。大金を手に入れたからといって、いきなり一軒家を新築したり億ションを購入したりすれば税務調査は免れないでしょう。

調査員に「フエール銀行の利息です」なんて言っても認められないのはもとより、経済を破綻させる力を持つフエール銀行の存在を──未来の世界ではなんらかの施策で経済のバランスを保っているようですが──明かすわけにはいきません。

マイナンバーが施行された今となっては、出所不明のお金を好き放題に散財するわけにはいかなくなりました。フエール銀行をもらっても、結局はお上に目をつけられないくらいの節度ある使い方を求められます。

まあそれでも十分に贅沢できるはず。「なんだかんだいってお金はやっぱり欲しい」という身も蓋もないランクインです。

8位: 進化退化放射線源

テクノロジーが日々進歩を遂げていく様子を見ると、この先のなりゆきも見届けたくなります。もしも自分の一生よりも先のテクノロジーを垣間見ることができるとしたら?

進化退化放射線源”は、あらゆるものを進化させたり退化させたりする波動を出すひみつ道具です。進化させたものは退化を、退化させたものは進化をさせれば元の状態に戻ります。

「ひみつ道具」とは要するに未来の道具です。つまり! 進化させた道具はすなわちひみつ道具だといっても過言ではありません。これは「ドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえる」という条件下において、とりわけ貴重な特性です。

どのような進化を遂げたとしても、間違いなく現状より優れものになるでしょう。

ただし進化させすぎると、現代にはまだない規格に替わってしまって意味をなさなくなる場合も考えられます。そこで、ほんのすこし進化させて、型落ちの製品を新型にするだけにとどめるという現実的な使い道もあります。

退化させるのも一興です。時代物が高値で取引されるのはよくあること。身近なものがお宝に化けるかもしれません。

9位: グルメテーブルかけ

ドラえもんの“グルメテーブルかけ”は、注文した料理がなんでも出てくるテーブル掛けです。すくなくとも原作漫画でオープンにされた情報に基づく限りでは、 対価を一切必要とせずに、無制限に料理を出せます。

このメリットは単純明快にして最大級。いくらドラえもんのひみつ道具とはいえ、あまりに都合がよすぎます。チート級なんてレベルをはるかに超えた機能です。

食事は生命を維持するための基本コストです。そのコストの大半を占める食費と調理時間をカットできるのだから、その分は人生のリソースの余裕になります。

さらにグルメテーブルかけから出てくる料理の味は保証されていますから、生きるためだけの味気ない食事ではなく、美味しさを満喫して充実感も得られます。

衣食足りて礼節を知る。充実した食事は心の余裕にもつながります。食通でなくても、それは変わりません。グルメテーブルかけは食事にとどまらず、充実した人生の足掛かりになり得るひみつ道具です。

ひみつ道具がもらえるという夢物語にしては生活感のある現実的な選択だけれども、これほどの実用性があればそれもやむなし、というわけでランクインです。

ちなみに食糧難を解決するには力不足です。それについては下記リンク先の個別ページを参照してください。

10位: 四次元ポケット

四次元ポケット”は、中が際限なく広がる四次元空間になっていて、いくらでも物が入れられるポケットです。衣服に自由に付け外しできる機能や、頭の中のイメージを読み取って手に取る物を自動的に選別してくれる機能も備わっています。

あくまで収納用品なので、取り出せるのはあらかじめ中に入れておいた物だけです。ひみつ道具が湧いて出てきたりはしません。 「ひみつ道具を一つだけ」という条件でもらった場合は、残念ながら中身は空っぽです。

じゃあ、空っぽの四次元ポケットには価値がないのかというと、そんなことは決してありません。これほど利便性に優れた収納用品がほかにあるでしょうか。まさしく究極の収納用品です。

容量は無限だから、あれもこれも片っ端からしまえます。しかもクローゼットへ無計画に押し込むのとは、わけが違う。どれだけ大量に放り込んでも、四次元ポケットなら自動選別機能で希望の物をすぐ取り出せます。

飾って眺めたい物だけを残して、後はすべて片付けられます。もう収納に頭を悩まされることはありません。副産物としてホコリ対策になるのもうれしいポイント。とにかく収納に関しては文句のつけようがないでしょう。

おまけに衣服に付ければドラえもんのように外出時も常に手ぶらでオッケー。ランキングにふさわしい便利なひみつ道具です。

余談ですが、「“スペアポケット”なら、ドラえもんが使っている四次元ポケットとつながっているから、ひみつ道具をまとめて手に入れられる」という声もあります。

しかし当ブログの見解では、スペアポケットのリンクは時間を超えません。つまりドラえもんと同じ時間の流れにいるときだけ中がつながるのです。ドラえもんがいないこの時代でスペアポケットをもらっても意味がないというわけです。

まとめ

命あっての物種だから健康を守れる物にしようか、いや今の楽しさを優先しようか、それともそれとも……。大人になるとそのひみつ道具を手にすることで生じる責任も気になります。

順位変動でトップ10からランクダウンしたものや、「あれが入ってない!」という声が上がりそうな人気のもの(例えば“ウソ800”とか)は「欲しいひみつ道具ランキング番外編」でフォローしています。

結局、一番欲しいひみつ道具は十人十色。そんなこんなで空想が際限なく広がる『ドラえもん』は、やっぱり名作なのでした。

タイトル:
ドラえもんのひみつ道具で欲しいものランキング
カテゴリ:
ランキング
公開日:
2015年12月21日
更新日:
2017年11月30日

関連記事と広告

あわせて読みたい