『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』レビュー

漫画『ドラえもん』の魅力といえば、ドラえもんとのび太の深い絆だったり、大人になってから読み返しても色あせないブラックユーモアだったり、読者それぞれの思い入れがあることでしょう。

でもやっぱり一番のつかみどころはひみつ道具です。実用的なものから奇想天外なものまで、「こんなことができたらいいなあ」と夢が広がる、遊び心にあふれたひみつ道具が次々登場するのが『ドラえもん』の醍醐味(だいごみ)です。

そんなひみつ道具を網羅した公式ガイドブックが『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』です。

本の情報と内容

『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』は、その名のとおり、ひみつ道具の事典です。判形(本の大きさ)は、てんとう虫コミックスより一回り大きいB6判。3cmの分厚さで496ページもあります。

イラストと説明文、そして1コマ漫画でそれぞれのひみつ道具を紹介しています。その数なんと約1,600個。特大ボリュームで正に「大事典」です。『ドラえもん』の公式サイトで本書をちょっとだけ試し読みできます。

そのほかに、藤子・F・不二雄先生による序文と漫画『ドラえもん』の本編を6作品、編集者による豆知識的なコラムが収録されています。

感想

『ドラえもん』の単行本は持っているけれど、それとはまた別に、ひみつ道具を一挙にまとめて見られる本も欲しくなったのが購入のきっかけです。はたして『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』は要望どおりの本でした。

1ページに最大4個、ひみつ道具の解説がみっちり詰まっています。なにせ約1,600個も掲載されているから、ちょっとやそっとじゃ読み切れません。最初から順に読み進めるのではなく、思うままページを開いて眺める読書スタイルが向いています。

「あった!あった!」と懐かしんだり、新しい発見があったりで、なにかと楽しめます。一巡する頃には記憶も薄れているからキリがありません。細かい理屈を忘れて頭を一度空にしてリセットできる、この本自体がある意味ひみつ道具です。

基本『ドラえもん』は児童漫画だけれども、決して子供だましなんかじゃない、大人も楽しめる名作です。とはいえやっぱり主な読者層である子供の反応が気になるところ。子供にプレゼントした人のレビューがネットストアにはたくさんあります。

ボロボロになるくらいに『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』を読み込むお子さんが多いようで、いつの時代もひみつ道具の吸引力は変わらないのだなあ、となんだかうれしくなりました。

不満点をあえて挙げるなら、ひみつ道具の掲載順です。ざっくり5タイプに分けられていて、そのタイプごとに五十音に並んでいます。全部まとめて五十音順になっていれば、道具名から探しやすいし、事典らしさが更に増すのになあ、と。

ただ、巻末に五十音順の索引が掲載されていますし、この雑多な雰囲気が本書のわくわく感を演出していることを踏まえると、取るに足らない問題かもしれません。

まとめ

ひみつ道具の事典は昔から出版されていて、タイトルを改めながら加筆と修正を幾度も繰り返し、この『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』に結実しました。それだけに『ドラえもん』の副読本として決定版といっても過言ではありません。

子供たちの好奇心を育んで、大人たちの好奇心を取り戻す。『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』は、『ドラえもん』ファンなら一度は手に取ってほしい良書でした。ということで、お気に入り度は星4.5つです。

ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)
タイプ:
単行本
著者:
藤子 F・不二雄
発売元:
小学館
評価:
Amazonでレビューを見る
タイトル:
『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』レビュー
カテゴリ:
雑記
公開日:
2015年06月10日
更新日:
2017年07月25日

あわせて読みたい