タイムテレビ

ドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、せっかくだから、うんと非現実的なものが欲しい。とはいえ、世界を一変させる力を持ったものは身に余ります。現実的に考えるなら、そういったひみつ道具は選ぶべきではないでしょう。

“タイムテレビ”も、そんな恐ろしい力を秘めています。けれども、「身の丈に合うぎりぎりの使い方ができるかもしれない」という甘い考えをよぎらせる、魅惑的なひみつ道具でもあります。

藤子・F・不二雄先生による漫画『SF短編』シリーズの「T・Mは絶対に」は、「もしもタイムテレビが本当に作られたら」を題材にしたちょっと大人な物語です。F先生にとってもタイムテレビは、魅惑的な存在だったのではないでしょうか。

機能と効果

ドラえもんのタイムテレビは、時間と空間を越えて、過去や未来のあらゆる場所の映像が見られるテレビです。その映像を3Dホログラムとして投影する機能も備えています。

タイムテレビが映し出す未来は暫定的なものであり、行動しだいでは、違う未来に確定させることも可能です。ただし「歴史の修正力」が働くため、未来を変えることは容易ではありません。

有用性: ★★★★★

ピラミッドはどうやって建造したのか。邪馬台国はどこにあったのか。恐竜が絶滅した本当の理由とは……。タイムテレビで過去を見れば、あらゆる歴史的な謎が解明できます。宇宙誕生のメカニズムさえ解き明かせるかもしれません。

もっと俗っぽく、ロズウェル事件の真相や、UMAの目撃情報を確認するのも楽しそう。次から次へと知りたいことが湧いてくる、際限なく知的好奇心をくすぐるひみつ道具です。

原作エピソード「ドラえもんの大予言」では、のび太の交通事故をタイムテレビを使って回避しました。自分の未来を定期的にチェックすれば、事件や事故、大病などから身を守れます、歴史の修正力に打ち勝てれば。

ロト6などの予想系くじの結果を事前に見て大金をせしめる、なんていう軽薄な使い方もありますが……。

危険性: ★★★★☆

タイムテレビを使う上で気をつけなくてはいけないのが歴史の修正力です。タイムテレビで見た未来を変える行動を取ると、予期されていた未来へと軌道修正する出来事が起こるようです。

例えば、本来なら買うはずでなかった予想系くじを当てると、当選金を失う、なにか良くないことに見舞われるでしょう。

「ドラえもんの大予言」では、運命とのイタチごっこに陥りました。未来の変更を確定させるには、タイムテレビに付きっ切りで歴史の修正力と戦い続けなくてはなりません。私利私欲に使うのは、かなりの危険を伴います。

未来ではなく過去を見た場合、今度は見てはいけないものを図らずも見てしまうかも。一人では到底抱えきれないような秘密もこの世界にはあることでしょう。

また、どこでも見ることができるタイムテレビは、国家安全保障を脅かす存在です。所持していることを知られてしまうと、身に危険が及ぶことも考えられます。

「T・Mは絶対に」でタイムテレビを作った主人公は、そういった危険性に無頓着だったばかりに……。

悪用度: ★★★★★

相手に絶対に気付かれずに、人のプライベートを自由自在に覗き見る、盗聴盗撮に悪用できます。自制心を強く保っていないと魔が差して、好きな芸能人のプライベートを覗き見てしまいそうです。

ストーキングしたり、過去にさかのぼって弱みや秘密を握ってゆすったり、企業秘密を横流しするなど、秘密にまつわるあらゆる悪事に転用できます。

前述した予想系くじを当てるのも、広義において悪用といえるでしょう。

秘匿性: ★★★★★

こちらが見ていることが向こうへ伝わらない片方向通信なので秘匿性は守られます。ありふれたテレビとそう変わらないデザインのタイムテレビは、本体を人に見られてしまっても、まさかそれが時空を越えるものだとは夢にも思われないでしょう。

タイムテレビが欲しい人や組織はごまんといます。彼らがまっとうな存在だとは限りません。むしろ、危険な思想を持っているほうがより強くタイムテレビを求めるでしょう。タイムテレビを手に入れたことは、絶対に知られてはなりません。

革命度: ★★★★★

NSA(アメリカ国家安全保障局)が度を越した諜報活動を行っていたことが、エドワード・スノーデンによって告発されました。

情報が世界を動かしているのです。タイムテレビを諜報活動に使えば、国家を転覆させることすら可能かもしれません。文字どおり革命を起こせるのです。

犯罪の捜査に使えば、あらゆる犯罪をたちどころに解決できます。この世界から犯罪を撲滅することすらかなうでしょう。ただし、それには完全に潔白な行政機関というファンタジーな存在が必要なので、実現は不可能でしょう。

タイムテレビがもたらすものはあまりにも革命的過ぎて、この世に存在することが許されないかもしれません。

まとめ

「身の丈に合う使い方ができる」という考えは、間違いなく思い上がりです。それでも知的好奇心が抑えられません。この世界には知りたいことが多すぎる。タイムテレビでそれらの答えを得たい。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、タイムテレビの欲しい度は星5つ。当ブログ的ドラえもんのひみつ道具で欲しいものランキングの暫定1位です。

道具名称:
タイムテレビ
原作初出:
コミックス第1巻「ドラえもんの大予言」
カテゴリ:
「た」から始まるもの / コミックス第1巻 / 定番 / 悪用 / 探索 / 時間
公開日:
2014年05月17日
更新日:
2017年02月06日

関連記事と広告

あわせて読みたい