グルメテーブルかけ

異世界を冒険することの多い『大長編ドラえもん』シリーズでは、のび太たちはその世界で衣食住を確保しなければなりません。腹が減っては戦(いくさ)はできぬ。敵と戦うには武器だけではなく、食事も必要です。

そこで出番となるひみつ道具が“グルメテーブルかけ”です。

機能と効果

ひみつ道具のグルメテーブルかけは、注文した料理がなんでも出てくるテーブル掛け(テーブルクロス)です。

ダイニングテーブルなどの平らな場所に敷いたこのテーブル掛けに料理を口頭で注文すると、すぐにその料理が浮かび上がるように出現します。料理は皿や茶碗などの食器に盛られて出てきますが、箸やフォークなどは出てきません(例外あり)。

さてこのグルメテーブルかけ、いくらドラえもんのひみつ道具とはいえ、あまりに都合がよすぎます。チート級なんてレベルをはるかに超えた機能です。

まじめに考察するなら、グルメテーブルかけを使うにはなんらかの対価を払わなければならないはずです。しかし漫画『ドラえもん』の作中でグルメテーブルかけの対価に関して言及されたことは一度もありません。

当ブログ『ドラえもんのひみつ道具を一つもらえるとしたら』では、藤子・F・不二雄先生が生前に執筆した原作漫画を聖典としているため、グルメテーブルかけは対価を一切必要とせずに、無制限に料理を出せる夢のひみつ道具であるとします。

有用性: ★★★★★

食事は生命を維持するための基本コストです。グルメテーブルかけがあれば、そのコストの大半を占める食費と調理時間を丸ごとカットできるのだから、その分だけ人生の資源が増えることになります。これを有用といわずになんというのでしょう。

グルメテーブルかけから出てくる料理の味は保証されていますから、生きるためだけにエサを摂取しているような気分になる味気ない食事ではなく、美味しさを満喫して充実感も得られます。

衣食足りて礼節を知る。充実した食事は心の余裕にもつながります。食通でなくても、それは変わりません。グルメテーブルかけは食事にとどまらず、充実した人生の足掛かりになり得るひみつ道具です。

レストランで一儲け、なんてことも考えられます。しかし材料費が一切かからないメリットは、決算上の矛盾になるデメリットでもあります。だからといって下手に会計をいじると税務調査が入りかねません。

商売に使うとグルメテーブルかけの存在が明るみに出てしまうリスクが急激に高まるので、あまり勧められる用途ではないでしょう。

危険性: ★☆☆☆☆

美味しい料理がいつでもいくらでも食べ放題となれば、自制心がないと肥満へまっしぐらです。肥満が過ぎると生活習慣病の原因になります。食べ過ぎないようにする注意が必要です。

悪用度: ★☆☆☆☆

グルメテーブルかけを悪用する手立てはこれといってないでしょう。

秘匿性: ★★★☆☆

テーブル掛けから魔法のように料理が浮かび上がってくる様を見れば、それがこの世のものではないことは誰の目にも明らかです。

しかもグルメテーブルかけは『大長編ドラえもん』シリーズで活躍したこともあって、よく知られたひみつ道具です。人前で使った場合の秘匿性は無きに等しいでしょう。

それでも、一家の食費が浮けば大きく家計が助かりますから、家族とは使いたいところです。けれども家族に打ち明けたとして、みんながみんな黙りとおせるかは甚(はなは)だ疑問です。知る人が増えるだけ秘匿性が下がっていくのは避けられません。

家族にも明かさずに、一人のときだけにグルメテーブルかけを使う分には、人に知られようがありません。自分一人で独占する場合には秘匿性に問題はありません。

革命度: ★★★☆☆

無から有を生み出してるのか、料理の元となる原子をどこからが調達しているのか。なんにせよ途方もない革命的な原理であることは確かです。

では社会的影響はどうか。グルメテーブルかけが量産されたなら世の中がひっくり返りますが、たった一枚では社会への影響は限定的でしょう。なにせ人類は73億4900万人(1)もいるのです。

一人前の料理が3秒で用意できるとして、24時間常に出し続けてようやく2万9800人分です。これだけでは日本国内の福祉に利用するくらいしか賄えません。グルメテーブルかけが持つ影響力は、思いのほか弱いといえるでしょう。

(1)世界人口白書2015年度版より。

まとめ

グルメテーブルかけは「もしもドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえるなら」という質問で名前が上がることが多いだけはある、屈指のひみつ道具です。

危険性や悪用度が低くて使い勝手が良いばかりか、活躍する機会が日常的にある。これといった欠点のないグルメテーブルかけは、ひみつ道具から一つだけ選ぶ場合に適した選択肢でしょう。

ひみつ道具がもらえるという夢物語にしては生活感のある現実的な選択だけれども、これほどの実用性があればそれもやむなし。ということでグルメテーブルかけの欲しい度は星4つ。欲しいひみつ道具ランキングにランクインです。

道具名称:
グルメテーブルかけ
原作初出:
コミックス第31巻「かべ景色きりかえ機」
カテゴリ:
「く」から始まるもの / コミックス第31巻 / 人気 / 定番 / 食事
公開日:
2015年08月11日
更新日:
2017年03月05日

関連記事と広告

あわせて読みたい