グルメテーブルかけ

異世界を冒険することの多い『大長編ドラえもん』シリーズでは、のび太たちはその世界で衣食住を確保しなければなりません腹が減っては戦(いくさ)はできぬ。敵と戦うには武器だけじゃなく、食事だって必要です。

そこで出番となるひみつ道具が“グルメテーブルかけ”です。

機能と効果

ドラえもんのグルメテーブルかけは、注文した料理がなんでも出てくるテーブル掛け(テーブルクロス)です。

これをダイニングテーブルなどの平らな場所に敷いて料理を口頭で注文すると、すぐにその料理が浮かび上がるように出現します料理は食器に盛られて出てくるけれど、箸やフォークなどは付いていません(例外あり)。

さてこのグルメテーブルかけ、ドラえもんのひみつ道具にしたって、あまりに都合がよすぎます。「チート級」なんてレベルをはるかに超えた機能です。

普通に考えれば、グルメテーブルかけを使うたびになんらかの対価を払わなければならないはず。しかし漫画『ドラえもん』の作中でそうした対価が語られたことは一度もありません。

当ブログ『ドラえもんのひみつ道具を一つもらえるとしたら』では、藤子・F・不二雄先生が生前に執筆した原作漫画を聖典としているため、グルメテーブルかけは「対価を一切必要としない」と仮定します。

有用性: ★★★★★

グルメテーブルかけがあれば、無料の食事すなわち「タダ飯」が一生食べられる!

食事を用意する時間と費用をまるっと節約できて、しかもちゃんと美味しい。そこに落とし穴はありません。ただただ便利なひみつ道具なんです。

充実した食事は心の余裕にもつながります。いわゆる「衣食足りて礼節を知る」です。グルメテーブルかけは食事にとどまらず、充実した人生の足掛かりになり得ます。

「飲食業で一儲け」なんて考えはちょっと待った。会計に材料費をいっさい計上しないのも、調理している気配すらないのも異様です。「なにかおかしい」と目をつけられます。

商売に使うとグルメテーブルかけの存在が明るみに出てしまうリスクが急激に高まるので勧められません。

危険性: ★★☆☆☆

「美味しい料理がいつでも、いくらでも食べ放題」となれば、自制心がないと肥満へまっしぐらです。肥満が過ぎると生活習慣病の原因になります。

グルメテーブルかけは食事のハードルを極端に下げるので、肥満や過食症に陥らないようにする注意が必要です。

悪用度: ★☆☆☆☆

グルメテーブルかけを悪用する手立てはこれといってありません。

秘匿性: ★★★☆☆

テーブル掛けから魔法のように料理が浮かび上がってくる様を見れば、それがこの世のものではないことは誰の目にも明らかです。

グルメテーブルかけは『大長編ドラえもん』シリーズで活躍したこともあって、よく知られたひみつ道具です。人前で使った場合の秘匿性は無きに等しいでしょう。

一家の食費が浮けば大きく家計が助かるから、せめて家族とは使いたいところです。でも悲しいかな、「家族の秘密」ですらバラしてしまう人はいます。

知る人が増えるだけ秘匿性が下がっていくのは避けられません。

誰にも明かさずに、グルメテーブルかけを自分一人で独占するなら秘匿性に問題はありません。

革命度: ★★★☆☆

無から有を生み出してるのか、料理の元となる原子をどこからが調達しているのか。なんにせよ途方もない革命的な原理であることは確かです。

では社会的影響はどうか。グルメテーブルかけが量産されたら世の中がひっくり返るけれど、たったの1枚では社会への影響は限定的です。なにせ人類は74億3300万人(1)もいるのです。

一人前の料理が3秒で用意できるとして、24時間常に出し続けてようやく2万9800食分です。配達のコストも考えると、限られたエリアの福祉しか賄えませんグルメテーブルかけが持つ影響力は、思いのほか弱いといえるでしょう。

(1)世界人口白書2016年度版より。

まとめ

グルメテーブルかけは「もしもドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえるなら」という質問で名前が上がることが多いだけはある、屈指のひみつ道具です。

危険性や悪用性が低くて使い勝手が良いばかりか、活躍する機会が日常的にある。これといった欠点のないグルメテーブルかけは、ひみつ道具から一つだけ選ぶ際に適した選択肢といえます。

「ひみつ道具がもらえる」という夢物語にしては生活感のある現実的な選択だけど、これほどの実用性があればそれもやむなし。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、グルメテーブルかけの優先度は星4つ。当サイト的「欲しいひみつ道具ランキング」にランクインです。

道具名称:
グルメテーブルかけ
原作初出:
コミックス第31巻「かべ景色きりかえ機」
カテゴリ:
「く」から始まるもの / コミックス第31巻 / 人気 / 定番 / 食事
公開日:
2015年08月11日
更新日:
2020年06月24日

関連記事と広告

あわせて読みたい