進化退化放射線源

のび太は家にあるラジオの古さが不満でならなくて、お父さんに最新型のラジオを買おうと進言しました。けれどラジオは放送さえ聴ければそれで十分だと一笑に付されてしまいます。

諦めきれないのび太がそのことを長々と愚痴ったときに、ドラえもんが出してくれたひみつ道具が“進化退化放射線源”です。

名称

現在のアニメ版では、「進化退化光線銃」と呼ばれています。これは放射線被曝の風評被害を考慮した改名だと思われます。

今のところ漫画版は改訂されていません(1)

(1)てんとう虫コミックス『ドラえもん』第8巻第170刷(2015年10月20日発行)で確認。

機能と効果

ドラえもんの進化退化放射線源は、あらゆるものを進化させたり退化させたりする波動を出す光線銃です。

進化もしくは退化させる年数をダイヤルで設定して、対象物に波動を照射すると、見る見るうちに変化します効果が生じた対象物へさらに照射することで、際限なく進化や退化の度合いを進められます。

例えば原作エピソードでラジオを進化させたときは、まずラジオがラジカセ(ラジオ+カセットデッキ)に、ラジカセが腕ラジオ(ラジカセ+テレビ+トランシーバーのオールインワン腕時計)になりました。

ドラえもんによると進化退化放射線源は「生物の祖先をさぐったり、進化のゆくえをさぐるためのものだ」(2)とのこと。それだけに人間を変化させることすら可能です。

進化させたものは退化を、退化させたものは進化をさせれば元の状態に戻ります。

(2)てんとう虫コミックス『ドラえもん』第8巻「進化退化放射線源」より

有用性: ★★★★★

本来の用途である進化生物学の研究手段として、進化退化放射線源は間違いなく有用でしょうしかしその研究成果を発表すれば、進化退化放射線源の存在も明るみに出ます。

時を越えるという禁忌(きんき)を破って22世紀の未来から現代にもたらされたひみつ道具を公にするわけにはいきません。なにか特別な理由でもない限り、活用方法は個人的なものにとどめるべきです。

個人的な用途となると、やはり家電をはじめとする身の回りの道具を進化させることでしょう。

「ひみつ道具」とは要するに未来の道具です。つまり! 進化させた道具はすなわちひみつ道具だといっても過言ではありません。これは「ドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえる」という条件下において、とりわけ貴重な特性です。

どのような進化を遂げたとしても、間違いなく現状より優れものになります。

進化させると現代にはまだ存在しない規格に替わってしまって使い物にならない、なんて場合もあるだろうけど、どのみち簡単に元へ戻せるのだから、まずはがんがん進化させてみましょう。

ほんのすこし進化させて、型落ちの製品を新型にするだけだって十分すぎるほど実用的です。

退化させるのも一興です。時代物が高値で取引されるのはよくあること。身近なものがお宝に化けるかもしれません。

危険性: ★★★★★

のび太が面白半分でネズミを退化させつづけた結果、大きな恐竜に変化して大騒ぎになりました。進化退化放射線源を生きものに使う際は注意が必要です。

そしてなによりの危険性は、進化退化放射線源の強大な力を狙った組織に暗殺されるおそれがあること。というのも進化させた兵器は世界のパワーバランスをも覆すからです。

進化退化放射線源の存在を知られたが最後、略奪されて口封じに殺されるのは目に見えています。手に入れたことを絶対に知られてはならないひみつ道具です。

悪用度: ★★★★★

人間を延々と退化させつづければ、しまいには単細胞生物になるはずです。これは個人としての消滅を意味します。そうやって誰かを消し去るのは、もちろん許されざる悪行です。

秘匿性: ★★★☆☆

失われた過去のものや、まだ見ぬ未来のものはとても人目を引きます。それが生きものならなおさらです人前では進化退化放射線源を使わないのはもちろんのこと、進化や退化させたものも人にうかつに見せない注意が必要です。

革命度: ★★★★★

前述したように、進化させた兵器は世界平和に脅威を与えます。

主要国の戦力がかろうじて拮抗(きっこう)していることが抑止力になっている現代に、はるか未来の戦略兵器を配備した新興国が台頭したら、世界情勢がひっくり返ります。

過激派組織などの悪意ある団体の手に進化退化放射線源が渡ったら目も当てられません。大多数の人が望まぬ形の革命が起こるでしょう。

もちろん医療の発達など、世界平和に寄与する面もあります。しかし自国第一主義がはびこるこの世界で進化退化放射線源が平和のためだけに運用されることなんて、「ひみつ道具をもらえたら」と同じくらいの夢物語に思えます。

もしもドラえもんから進化退化放射線源をもらったら、とにかくなにがあっても人に知られてはいけません。

そして究極の使い道は、新たなる知的生命体を生み出すことです。ドラえもんとのび太は火星のコケを進化させて「火星人」を誕生させました(3)

もちろん地球の動植物だって知的生命体へと進化させられるでしょう。我々人類の時代が終わります。

(3)てんとう虫コミックス『ドラえもん』第13巻「ハロー宇宙人」。

まとめ

進化退化放射線源はとても夢のあるひみつ道具です。例えば、パーソナルロボットの「Pepper」を進化させたら、ドラえもんと同世代のロボットになるでしょう。

本稿では脅すようなこともさんざん書きました。けれど実際問題として、進化退化放射線源というあまりにも荒唐無稽な存在が、諜報機関の網にかかるトリガーになるかは疑問です。

よほど派手な使い方をしなければ、進化退化放射線源の存在を確信されることはないでしょう。そしてごく個人的な使い道だけでも価値を十分見いだせます。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、進化退化放射線源の優先度は星4つです。

ちなみにこれと同様の結果を期待できる“タイムシーバー”は、22世紀の古道具屋が仲介するため、兵器などの危険な物品に対する使用は停止されると思われます。そうした安全性がある反面、使用履歴が未来に筒抜けになる欠点もあります。

また“きこりの泉”は、未来のものには変化させられない代わりに、「確実により上質なものになる」という安定感が利点です。

特にきこりの泉と進化退化放射線源は甲乙つけがたくて、どちらがより欲しいか悩ましい。今のところ僅差で進化退化放射線源が勝るように思えるので、こっちを当サイト的ドラえもんのひみつ道具で欲しいものランキングに入れました。

道具名称:
進化退化放射線源
原作初出:
コミックス第8巻「進化退化放射線源」
カテゴリ:
「し」から始まるもの / コミックス第8巻 / 変化 / 時間
公開日:
2017年02月09日
更新日:
2018年11月22日

関連記事と広告

あわせて読みたい