スペアポケット

なにやらドラえもんが洗濯物を干しています。それが“四次元ポケット”だと気がついたのび太は、なにかあったときにひみつ道具を出してもらえないと困る、と自分勝手なことを言い出しました。

ドラえもんはというと、スペアがあるから大丈夫だと気にもとめません。そう、四次元ポケットには、スペアとなる“スペアポケット”があったのです。

機能と効果

ひみつ道具のスペアポケットは、ドラえもんの四次元ポケットのスペア(予備)です。二つは同じ四次元空間につながっているので、四次元ポケットに入っている物をスペアポケットから取り出せます。

有用性: ★☆☆☆☆

スペアポケットが「ドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえるなら」で人気の答えなのは、これですべてのひみつ道具が手に入れられると思われているからです。

まずおさらいすると、四次元ポケットはひみつ道具の一つなので、「ひみつ道具を一つだけ」という条件でもらった場合は、残念ながら中身は空っぽです。それならスペアポケットをもらえばいい、というわけです。

ここでポイントになるのは、「四次元ポケットとスペアポケットのリンクは時間を越えるのか?」ということ。

そもそも四次元ポケットは時間を越えません。あくまで収納用品です。ならばスペアポケットとのリンクもまた時間を越えないと考えるのが妥当です。

ドラえもんがひみつ道具をくれたあと、未来へ帰るために“タイムマシン”の時空間へ入った瞬間、リンクは切れてしまうでしょう。

そしてリンクが復活したときの整合性を取るために、リンクの切れているスペアポケットは、四次元空間に一切つながらないただのポケットになるはずです。

ほかのひみつ道具を手に入れることができないばかりか、四次元空間に収納するポケットとしても使えないとなると、有用性はほぼ皆無です。

危険性: ★★★☆☆

もしもスペアポケットへ手を入れているときにリンクが切れたら? 安全対策に無頓着なひみつ道具のことだから、腕を四次元ポケット側に持っていかれてしまっても、さもありなんとしか思えません。

その場合、腕を失うだけではなく、失血死する恐れがあります。

悪用度: ★☆☆☆☆

スペアポケットをくれたドラえもんがタイムマシンの時空間に入るまでには、わずかばかりの猶予があります。四次元ポケットへのリンクが生きているあいだに、ドラえもんのひみつ道具を盗み取ることも考えられます。

しかし、スペアポケットが初登場したエピソード「四次元ポケットにスペアがあったのだ」(コミックス第25巻収録)には、スペアポケットから物を取り出すと、その感触が四次元ポケットを介してドラえもんへ伝わる様子が描かれています。

ドラえもん (25) (てんとう虫コミックス)
タイプ:
コミック
著者:
藤子・F・不二雄
発売元:
小学館
評価:
Amazonでレビューを見る

スペアポケットを渡したすぐ後に感触が伝われば、勝手にひみつ道具を抜き取ったことが間違いなくバレます。

だいたいドラえもんを裏切るなんて『ドラえもん』ファンにあるまじきこと。「もしもひみつ道具を一つだけもらえたら」の意図とも異なります。よって当サイトでは、この方法でほかのひみつ道具を手に入れることは無効とします。

秘匿性: ★★★★★

ドラえもんと同じ時間軸にいないあいだのスペアポケットは、ただのポケットです。隠す必要すらありません。

革命度: ★☆☆☆☆

四次元空間にアクセスできないのでは、なにも成し遂げられません。

まとめ

「もしもひみつ道具を一つだけもらえたら」を妄想するならば、すべてのひみつ道具を手に入れる方法を考えるのではなく、一つに厳選してそこから夢を広げたい。

それに四次元ポケットへのリンクが切れているスペアポケットをもらっても宝の持ち腐れです。というわけで、スペアポケットの欲しい度は星0つです。

道具名称:
スペアポケット
原作初出:
コミックス第25巻「四次元ポケットにスペアがあったのだ」
カテゴリ:
「す」から始まるもの / コミックス第25巻 / 人気 / 四次元 / 定番
公開日:
2015年08月14日
更新日:
2018年04月09日

関連記事と広告

あわせて読みたい