タイムふろしき

時間の流れは非情です。刻一刻と肉体は老い、やがて訪れる死を避けられません。でも“タイムマシン”で未来からやってきたドラえもんのひみつ道具があれば……。「若返り」という人類の夢をかなえられるひみつ道具、それが“タイムふろしき”です。

機能と効果

ドラえもんのタイムふろしきは、時間の流れを個別に操作する風呂敷です。タイムふろしきでくるんだものは、そのあいだ時間が早戻り、もしくは早送りされます。

赤い面を外側にしてかぶせると時間が戻ります(新しくなる)。青い面を外側にしてかぶせると時間が進みます(古くなる)。

対象物の一部にかぶせるだけで全体に効果が及ぶため、タイムふろしき(およそ1メートル四方)より大きなものにも使えます。

タイムふろしきでのび太を幼稚園時代の体へ戻したとき(第6巻「赤いくつの女の子」)、記憶や自我は元のままでした。人間に使った場合、自己同一性が失われてしまわないように、効果の対象から脳を除外する安全装置が働くようです。

有用性: ★★★★★

タイムふろしきのもっとも基本的な使い道は、古びたり壊れたりしたものを新品へ戻すことです。新品同様ではなく、まさしく新品になるのだから、洗浄や修理をした場合とは取り戻せる品質が違います。

中古を買って新品にすれば、はなから新品を買うよりもはるかに経済的です。捨て値で売っているジャンク品がお宝になります。もはや新品を買うまでもないかもしれません。

食品に使えば、消費期限や賞味期限をリセットできます。生鮮食品の時間を店頭に並ぶより前へ戻して、収穫直後の新鮮な状態で食べるなんてことも。通常なら農家や漁師でなければ味わえない贅沢です。

時間を早送りするのだってもちろん有用です。さまざまな待ち時間をスキップし放題。カップ麺の3分どころか、1年を超える熟成期間が必要な果実酒だって一瞬で出来上がります。

ほかにも、接着剤や塗料の乾燥時間をスキップするなど、時間の早送りで能率が劇的にアップする作業は挙げていけばきりがないでしょう。

そして、タイムふろしきの究極の活用方法は、いわずもがな若返りです。若く、活力に満ちた肉体を望む限り維持できます。病気やケガも治せるので、即死以外では死にません。ほぼ不老不死といえるでしょう。

「ほぼ」なのは、脳の寿命があるから。前述したように脳の時間は変化しないと推測されます。仮に脳の時間が戻せても、その期間の記憶を失ってしまうので、人生を積み重ねられません。どちらにせよ、完璧な不老不死は実現しないのです。

脳の寿命については諸説ありますが、およそ120年から200年だと考えられています。長寿大国の日本でも、享年80を過ぎれば大往生だといわれるのだから、十分すぎるくらいでしょう。

危険性: ★★★☆☆

スマホやPCを新品に戻すと、記憶メディアのデータも巻き戻って消失します。この状態から時間を早送りした場合、新たな時の流れが始まってデータは消失したままなのか、元の時の流れに沿ってデータが復旧するのか、果たしてどちらでしょう。

タイムふろしきに関しては、歴史の修正力が働く描写は原作にありません。このことから、時間の流れはリセットされる、つまりデータは復旧しないと考えられます。

大事なデータをうっかり消してしまう危険性があるので、データが保存されている機器を新しくするときは、バックアップを忘れてはいけません。

また、タイムふろしきは効果の発生条件が不明瞭です、野比家の庭の木に掛けておいたときは変化が一切見られなかったのに、風で吹き飛ばされて桜の木に掛かかると今度は効果が生じて花が満開になりました。

タイムふろしきをマントのように羽織ったジャイアンは、露出していた頭部も含めて肉体のすべてが若返ったのに、頭に掛かった老人は髪がふさふさに、つまり頭皮だけが若返りました。

かように仕様がはっきりしないため、効果の対象を想定するのが難しい危うさがあります。タイムふろしきを完全にコントロールできると油断するのは禁物でしょう。

悪用度: ★★★★☆

人にタイムふろしきをかぶせて、極限まで時間を戻したり進めたりたら……。脳の時間は変化しないという仮定が正しかったとしても、受精卵まで戻るか、細胞の寿命を終えて朽ち果てるかして、肉体は脳だけ残してやがて消滅します。

高層ビルの基礎部分を老朽化させたり、コンクリートを固まる前へ戻せば、崩壊させることすら可能でしょう。あらゆるものの寿命を手中に収められます。

時の流れに逆らえるものは(知られている限り)この世に存在しません。タイムふろしきを手に入れることは、この世を統べる力の一部を手に入れることに他ならないのです。それが神の力なのか、悪魔の力なのかは使い手しだいです。

秘匿性: ★★★★☆

いつまでも若い肉体を維持すると、噂になるのは避けられません。隠遁生活を送ったとしても、戸籍上で異常な長寿が確認され次第、なんらかの詐称を疑われて調査が入ると思われます。余程の権力者でもなければ、不老は秘匿できないでしょう。

不老以外の用途なら、使っている最中に直接目撃されない限り、タイムふろしきの秘匿性は守られます。

革命度: ★★★★★

時間の早送りで、畜産を含む農業のサイクルを劇的に短縮できます。昨今警鐘が鳴らされている食糧不足の解消につながるかもしれません。

芸術の分野にも革命が起こります。名画の時間を描かれた当初まで戻せば、発色を取り戻して本来の姿へ蘇るのです。ただし、年代測定が無意味になるので、贋作が横行するきっかけになるかもしれないのが痛し痒しです。

経過時間が必要な実験を早送りして効率的に行ったり、遺物の時間を戻して人類の足跡をたどったり、恐竜の卵の化石を蘇らせて孵化させたり(第10巻「のび太の恐竜」)……。タイムふろしきは、あらゆる学術の発展に寄与することでしょう。

もしも、死者を蘇らせることができたなら、絵画や恐竜を蘇らせるよりはるかに革命的です。しかし、タイムふろしきには人間の脳の時間を変化させられない制約があるため、死者の時間を戻しても復活するのは肉体だけで脳死は覆せません。

死者の復活はさておき、人類に貢献するタイムふろしきは、個人でこっそり使うよりも、しかるべき機関へ譲渡すべきなのかもしれません。大きな災害が起きたとき、タイムふろしきがあれば多くの人命を救い、すみやかに復興を果たせるのだから。

まとめ

劇中に繰り返し登場しただけあって、タイムふろしきは使い勝手がよく、夢が広がるひみつ道具です。私欲のために自分だけでこっそり使うのもよし、世のため人のために譲渡するのもまたよし。もらって損することはないでしょう。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、タイムふろしきの欲しい度は星4.5つ。当ブログ的欲しいひみつ道具ランキングにランクインです。

道具名称:
タイムふろしき
原作初出:
コミックス第2巻「タイムふろしき」
カテゴリ:
「た」から始まるもの / コミックス第2巻 / 人気 / 修復 / 定番 / 時間
公開日:
2014年09月15日
更新日:
2016年09月07日

関連記事と広告

あわせて読みたい