ただ一つのひみつ道具を使って全部のひみつ道具を手に入れるには

ドラえもんのひみつ道具から一つだけもらえるとしたら、どれを選ぶ?

「なにをどうしたいか」という目的意識がひみつ道具を選ぶ決め手となります。でも実際のところ、「あれもしたい、これもしたい」と人間の欲望は尽きません。

「どうせなら一つと言わずに全部くれ!」

「きみはほんとによくばりだな」

あきれた顔をするドラえもんが目に浮かびます。

それでもすべてのひみつ道具を手に入れたいと言い張るのなら、最初にもらった一つのひみつ道具を皮切りにして、残るすべてを手に入れたらいい。

では、その最初の一つはどれを選べばいいのか。よくある答えを例として検討してみましょう。

四次元ポケット

「一つしかひみつ道具をもらえないなら“四次元ポケット”をもらえばいいじゃん。だってひみつ道具が全部入ってるんでしょ?」

いやいや四次元ポケットはあくまで収納用品です。ひみつ道具が湧いて出てくるわけじゃないから、「ひみつ道具を一つだけ」という条件でもらった場合は、残念ながら中身は空っぽです。

スペアポケット

「それなら“スペアポケット”を選べばいいじゃん!」とすぐに思いついたあなたはなかなかの『ドラえもん』ファンかもしれません。

ドラえもんの四次元ポケットとつながっているスペアポケットなら、確かにほかのひみつ道具が入っています。

これでドラえもんのひみつ道具は自分のもの……ってそれドロボーだから! よりによってドラえもんを裏切るなんて最低です。

それにドラえもんがひみつ道具をくれたあと未来へ帰ったら、四次元のつながりは切断されるはずです。モラルを度外視しても、優れたアイデアとはいえません。

タイムマシン

「それならもういっそのこと“タイムマシン”で未来へ行って、ひみつ道具を買ってくるよ!」

ひみつ道具は未来の世界で一般販売されている商品です。ドラえもん行きつけの「未来デパート」へ買いに行けば手に入ります。

問題は支払い方法です。ドラえもんの生まれた2112年に現在の紙幣がまだ使えるかは分かりません。そもそも現金払いが残っているでしょうか。

すべての支払いはデジタルの決済サービスに移行している、と考えるのが妥当です。そしてその時代の市民権をもたない我々が口座を開設することはできないでしょう。

自動販売タイムマシン

「なんか面倒くさくなってきた。やっぱ一つでいいや」

諦めるのはまだ早い。ひみつ道具には“自動販売タイムマシン”があります。現代にいながらにして、既存の貨幣で未来や過去から商品が買える自動販売機です。

これがもっとも簡単手軽にひみつ道具をそろえられる手立てでしょう。

ちなみにひみつ道具の値段はピンキリです。ドラえもんは安物の使い捨て品を買ったり、レンタルしたりして節約しています。

お金が足りなそうなら、手始めに“フエール銀行”を買って、サクッとお金を増やしましょう。

【番外】ウソ800(エイトオーオー)

「あれ? そういえば“ウソ800”もあるよね」

ドラえもんのひみつ道具には、それ一つですべてを賄えるであろう万能なものがいくつかあります。中でも有名なのがウソ800です。

当初は『ドラえもん』の最終回になる予定だったと伝えられている「さようなら、ドラえもん」の後編に当たる「帰ってきたドラえもん」に登場したひみつ道具です。

なるほどたしかに「喋ったことが全部嘘になる」ウソ800を使えば不可能なんてありません。でもそれなら、もうほかのひみつ道具なんていらないでしょう。

「一つのひみつ道具を使って、すべてのひみつ道具をそろえる」という観点からずれるため、ここではこれを番外とします。

こうった万能なひみつ道具(“もしもボックス”とか“あらかじめ日記”とか)については、別途「ドラえもんのひみつ道具で最強なのはどれだ」で特集しています。

まとめ

もしもドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえるチャンスが訪れたら、自動販売タイムマシンを選べばひみつ道具を全部そろえられる──かもしれません。

厳密にいうと、タイムパトロールやら航時法やら、越えなくてならないハードルはまだまだ多く残されています。

いずれにしても、「一つだけ」が要点の空想なのに「全部」を目標にするなんて、野暮というものでしょう。

せっかくだから「自分なりの一つ」を考えたほうが面白い。当サイト的には“タイムテレビ”です。あなたなら、いったいどれを選びますか?

タイトル:
ただ一つのひみつ道具を使って全部のひみつ道具を手に入れるには
カテゴリ:
雑記
公開日:
2018年04月07日
更新日:
2018年04月08日

関連記事と広告

あわせて読みたい