ドラえもんのひみつ道具で実現したもの

ドラえもんの誕生日は2112年9月3日です。漫画『ドラえもん』の連載が始まった1969年から時がたち、ドラえもんが生まれるまであと100年を切りました。

まだまだ遠い未来のようでも、現在の赤ちゃんが長生きすればドラえもんの誕生に立ち会える、と考えればとても「近い将来」です。

それだけに少しずつ、ひみつ道具が実現し始めています。そこで「これは!」というものをいくつか紹介します。

トレーサーバッジ

ドラえもんの“トレーサーバッジ”は、位置情報を把握する機器です。

これはもう一目瞭然、タブレットPCとGPS追跡タグそのものです。タッチパネルではなく物理ボタンで操作するあたりはむしろ古めかしさすら感じさせます。

数あるひみつ道具の中でも、もっとも完全な形で実現されたものでしょう。

タブレットPCなんて影も形もなかった時代にこれを発想した藤子・F・不二雄先生の先見の明に驚かされます。

もちせいぞうマシン

ドラえもんの“もちせいぞうマシン”は、全自動で餅を作る機器です。

今や餅つき機はありふれた家電です。さすがに脱穀はできないけれど、それは技術ではなくニーズの問題です。電動脱穀機もとうの昔に実現しています。

パンを作るホームベーカリーにも餅がつけるタイプが増えた今では、もちせいぞうマシンはもはや時代遅れです。

ちなみに連載初期のドラえもんは、どら焼きではなく、お餅が好物でした。

インスタント旅行カメラ

ドラえもんの“インスタント旅行カメラ”は、背景と人物を合成して、あたかも旅先で撮影したような見せかけの写真を作れるカメラです。

画像を処理する技術も、それを自動化するAIも、目覚ましい進歩を遂げ続けています。静止画どころか動画からリアルタイムに人物と背景を切り分けられる時代です。

インスタント旅行カメラは時代遅れを通り越して、一周回って新しさを感じさせるレトロフューチャーな魅力のあるひみつ道具です。

ようろうおつまみ

ドラえもんの“ようろうおつまみ”は、ただの水をお酒に変えるおつまみです。

お酒の風味とアルコールを残したまま水分を抜いて粉末にする技術が佐藤食品工業によって実用化されています。

これをヒョウタン形に成型すれば、ようろうおつまみの出来上がり――のはずだけど、この「粉末酒」は一般販売されていないため、今一つ全貌がつかめません。

疑問符がつくものの、実現したひみつ道具の一つとして一応カウントしましょう。

インスタントテレビ局

ドラミちゃんの“インスタントテレビ局”は、自宅のテレビを即席テレビ局にする小さなテレビ塔です。

テレビが娯楽の王様だったのは今は昔。スマホの普及によって、テレビよりネットのほうが身近な存在になりました。

そしてスマホでいつでもどこでも誰だってネット配信できる時代です。インスタントテレビ局よりさらに一歩進んでいるといっても過言ではありません。

【番外】ほんやくコンニャク

ドラえもんの“ほんやくコンニャク”は、食べるとどんな言語にも通じるようになるコンニャクです。

さて、ほんやくコンニャクがいまだ実用化には程遠いのは知ってのとおり。「能力が身につく食べ物」を人類が作り出せるようになるのは、遠い未来のことでしょう。

けれど翻訳機ならすでに実現しました。専用機はおろか、スマホのアプリすらあります。例えば「Google 翻訳」は、テキストでも音声でもリアルタイムに翻訳できます。

現時点ではまだほんやくコンニャクに劣っている翻訳精度と変換速度も、近い将来には匹敵する性能に向上するでしょう。

でも機械で翻訳するのなんて当たり前! 「翻訳」の韻を踏めるからコンニャク。そんな馬鹿ばかしさがひみつ道具の魅力です。

製品に合理性が求められる限り、「なんでそんな方法で⁉」というひみつ道具が実現されることはないでしょう。

まとめ

ほんやくコンニャクのように代わりとなるものが実現したひみつ道具はいくつもあるけれど、トレーサーバッジみたいにそのままの形で実現したものとなるとごく限られます。

ひみつ道具の大半は機能の実装方法がとてもキテレツだから、それも当然。完全に一致するものは今後もそうそう作れないでしょう。

連載開始から49年たった現在も『ドラえもん』が時代と並走しているのは、そんなキテレツさのおかげかもしれません。

SFはSFでも、Science Fictionじゃなくて、すこしふしぎ(Sukoshi Fushigi)。藤子・F・不二雄先生が『ドラえもん』に込めた想いは、今もなお輝き続けています。

タイトル:
ドラえもんのひみつ道具で実現したもの
カテゴリ:
雑記
公開日:
2018年04月01日
更新日:
2018年04月02日

関連記事と広告

あわせて読みたい