コミックス第12巻

『ドラえもん』第12巻に初登場するひみつ道具。

▼収録昇順

ゆうどうミサイル
「ミサイルが追ってくる」
1.0
小さくて遅くて低威力の誘導弾。発射したが最後、 標的に命中して爆発するか、燃料が切れるまで延々と追跡し続ける。
ウラオモテックス
「ウラオモテックス」
1.0
このシートを体に貼ると、その人は今まで裏でこそこそやっていたことや、建前に隠していた本音を大っぴらにするようになる。
わすれ鳥
「わすれ鳥」
2.0
これを体にとまらせた人がなにか忘れ物をすると、「ワスレタ!」と鳴きだす。やるべきことをうっかり忘れたときにも反応する。
よかん虫
「よかん虫」
1.0
予感を現実のものにする虫。なにか予感がしたら、この虫が飛んできて頭にとまる。そうすると予感した出来事が本当に起こる。
ミニ飛行機
「大空中戦」
2.0
実際に乗って空を飛べるミニチュアの飛行機。これに乗り込もうとすると、体がどんどん小さくなって、スポッとコックピットに収まる。
ペットそっくりまんじゅう
「ペットそっくりまんじゅう」
0.5
このまんじゅうをペットに食べさせると、飼い主によく似た顔立ちに変化する。飼い主が食べると、ペットに似た顔立ちに変化する。
カミナリ雲
「カミナリになれよう」
1.0
小さな人工の雷雲。地表1.5mほどの高さに浮いていて、プルスイッチのひもを引くと、「ゴロゴロビシャッ⚡」っと雷が落ちる。
天気決定表
「天気決定表」
1.5
天気を決められるスケジュール表。表紙の項目に年度を、スケジュール欄に天気記号を記入すると、現実の天気がそのとおりになる。
ひものゆうれい
「ゆうれいの干物」
0.5
幽霊の干物。このひょろひょろした煮干しみたいな干物に水分を含ませると、ムクムクと大きくなって、等身大の幽霊になる。
ドンブラ粉
「ドンブラ粉」
1.5
この粉を付属のパフで体中にまぶすと、床や地面に体がトプンと沈む。そして固体の中をまるで水中みたいに泳げるようになる。
スポンサーリンク
からだポンプ
「大男がでたぞ」
1.0
これの吸盤を体にくっつけてポンプで膨らませると、その部位がどんどん巨大化する。吸盤を外せば、すぐにしぼんで元に戻せる。
あいあいパラソル
「あいあいパラソル」
0.0
恋心をかき立てる番傘。これで相合い傘を5分間すると、右手側(向かって左側)の人が左側の人を熱烈に好きになる。
空気ピストルの薬
「けん銃王コンテスト」
1.0
この液体を指先に塗って乾かしてから「バン❗」と発声すると、空気の塊を指先から発射する。撃たれた人は気絶する。
はいどうたづな
「はいどうたづな」
1.0
この手綱をつけられた動物は、体格はそのままに、馬並みのパワーとスピードと丈夫さを獲得して、人を乗せて走れるようになる。
おくれカメラ
「おくれカメラ」
2.0
過去を写すカメラ。どれだけ過去に遡るかをダイヤルで指定してシャッターを切ると、そのときの映像を写真に撮れる。
ほんやくコンニャク
「ゆうれい城へ引っこし」
2.0
これを食べると、あらゆる言語が母国語に翻訳されて聞こえる。自分が話す言葉は相手の母国語になる。文章も翻訳して読み取れる。
スポンサーリンク