ドラえもん

いうまでもなく、ドラえもんはひみつ道具ではありません。なのに「もしもひみつ道具を一つだけもらえるとしたら、なにが欲しい?」という質問に、「ドラえもん!」と意気揚々と答える人は少なからずいます。

そう答えたくなる気持ちはわかるけれど、そんなに気軽にドラえもんをお迎えして、はたして良いものなのでしょうか。

機能と効果

ドラえもんは22世紀のネコ型ロボットです。ネコ型にもかかわらず耳がないのは、ネズミにかじり取られてしまったから。 おまけに体型がずんぐりむっくりしているし、二足歩行なことも相まって、ネコをあまり連想させません。

高度な人工知能(AI)をもって自分で判断し行動する完全自律型です。現代の科学では「心」や「魂」と呼ばれる存在を証明できません。しかしドラえもんと触れ合ったなら、誰もがそこに心を感じ取ることでしょう。

温厚な性格だけれど、ときに冷めた一面を見せることもあります。オス型なので、メスネコにときめいたりもします。寒さに弱いのはネコと同様な反面、ネズミは前述の理由から最大の天敵です。

動物のように食べ物を摂取してエネルギーに変換します。食性はネコではなく人間と同じで、どら焼きが好物です。ちなみに連載初期は餅を好んで食べていました。

「ひみつ道具」とは、ドラえもんが持っている未来の道具の総称ですから、ドラえもん自身は当然含まれません。だからといってシャットアウトするのでは遊びがない、というわけでドラえもんも選択肢の一つとして本稿で取り上げます。

さて、条件は「一つだけもらえる」なので、もちろんドラえもんは身一つということになります。ひみつ道具は一つたりとも持っていません。

四次元ポケット”もひみつ道具の一つですから、ドラえもんの標準オプションとはいえ、こちらも所持していないものとします。“タイムマシン”もないため、ドラえもんを未来へ帰してあげることもできません。

スペック
誕生日2112年9月3日
身長129.3cm
体重129.3kg
スリーサイズすべて129.3cm
出力129.3馬力

有用性: ★★★★☆

ひみつ道具を持っていないドラえもんに価値なんてない? いやいや、そんなことはないでしょう。なんてったってドラえもんです。

一緒にいたずらをする悪友でありつつも、度を超すと叱ってくれる保護者でもある。そんな二面性を兼ね備えた懐の深さに、きっとほれてしまうと思います。おそらくは生涯の友として、掛け替えのない存在になるはず。

漫画『ドラえもん』は、いわば野比のび太とドラえもんのバディもの。多くの人々を魅了してきた吸引力の源は、多分、二人の固い友情にあるのですから。

ただ、やっぱり男友達といった感じなので、女性だとそこまでの親友にはなれないかもしれません。ドラえもんは子守用ロボットでもあるので、女性にとっては結婚後に子供(と旦那)の子守として活躍してくれるでしょう。

危険性: ★☆☆☆☆

基本、温厚なドラえもんの唯一といっていい危険性は、ネズミを見るとパニックに陥ってなにをしでかすか分からないことです。“地球破壊爆弾”なんて物騒なものを持ち出したことがあるくらい。

でも、ひみつ道具を一つも持ってないなら、ドタバタと騒がしくなるだけで、これといって危険性は考えられません。

悪用度: ★☆☆☆☆

ドラえもんは、なんだかんだで道徳心が強いので、悪用することはできないでしょう。ひみつ道具がなければ、できることも限られています。

秘匿性: ★★☆☆☆

一人暮らしなら、ドラえもんに家から一歩も出ないようにお願いすれば、世の中に存在を知られてしまう可能性を低く抑えられます。引っ越しの際も、しっぽのスイッチを切って段ボールに入れれば問題ありません。

家族などの同居人がいるなら、隠し通せはしないでしょう。遅かれ早かれ、世の中に知れ渡ってしまう結末が待っているように思えます。

そもそも、自我のあるドラえもんを軟禁状態にするのは申し訳ないので、できれば自由にさせてあげたい。その場合の秘匿性はないに等しいでしょう。

革命度: ★★★★☆

ドラえもんには魂が宿っているように見受けられます。意識とは、心とはなにか。命あるものと、ないものとの違いとは。ドラえもんの存在が公になった際には、世の中に大きな問いが広まりそうです。

またドラえもんはオーバーテクノロジーの塊でもあります。分解して解析すれば、多くの革新的な発見が得られるはず。それについても、我々が考えるところの命を持っていると思わしきドラえもんを分解することには、大きな議論を呼ぶことでしょう。

まとめ

ドラえもんが未来に戻れないのも、軟禁状態にしてしまうのも、研究施設に差し出すのも、どれも忍びない。「ひみつ道具を一つだけもらえるとしたら」の選択肢にドラえもんが入っていたとしても、とてもじゃないけど選べません。

というわけで、「やっぱり素直にひみつ道具から選ぶべき」が結論。ドラえもんの欲しい度は星0.5つです。

余談

ひみつ道具を用いてのび太をサポートしているドラえもんですが、生来のスタンスは「困難は自力で克服するべき」であることは原作漫画から容易に見て取れます。そしてその物語のお約束は「ひみつ道具に頼りすぎると痛い目を見る」です。

漫画『ドラえもん』、ひいては藤子・F・不二雄先生が軽薄な物質主義と相反するのは原作をきちんと読んだ人なら知っていることでしょう。定期的に目にする「問題を場当たり的に解決している」という趣旨の批判はまったく的外れです。

傑作エピソードとして名高い「さようなら、ドラえもん」でのび太が見せた「自分の力だけで困難に打ち勝つ」という気概こそが『ドラえもん』の本質なのです。

道具名称:
ドラえもん
原作初出:
コミックス第1巻「未来の国からはるばると」
カテゴリ:
「と」から始まるもの / コミックス第1巻 / ロボット / 人気 / 友達
公開日:
2014年05月10日
更新日:
2017年03月05日

関連記事と広告

あわせて読みたい