うつつまくら

2学期の始業式を迎える朝。のび太は寝坊もせず、夏休みの宿題も全部済ませてあるばかりか、早起きして登校するまで時間があるからと予習を始めます。

その様子を見ていたドラえもんは、のび太のくせに調子よくいきすぎだ、ひょっとするとこれは夢なんじゃないかと言い出しました。するとそのとき──。

ここからひみつ道具の“うつつまくら”を巡る、のび太の奇妙で長い一日が始まったのです。

名称

「うつつ」とは、現実または正気のこと。漢字で書くと「現」(表外読み)です。うつつを含む熟語の「夢うつつ」は、夢か現実か区別がつかない状態を表します。

機能と効果

ひみつ道具のうつつまくらは、夢と現実を取り替える枕です。

この枕を使って寝ると、そのときに見た夢の世界がそのまま現実となります。そして元の現実は夢だったことになります。また、就寝前に本体側部のダイヤルを操作することで、見る夢を自分の都合よく変えられます。

いったい、どれが夢なのか

さてこのうつつまくらですが、千個を超えるひみつ道具の中でも、もっとも異色な存在だといっても過言ではありません。

そのわけはうつつまくらが登場する原作エピソード(第5巻収録)のオチに関わるため、この先はネタバレになりますのでご注意ください。

ドラえもん (5) (てんとう虫コミックス)
タイプ:
コミック
著者:
藤子・F・不二雄
発売元:
小学館
評価:
Amazonでレビューを見る

うつつまくらが異色たるゆえんは、のび太の夢の産物だからです。うつつまくらで夢から夢へと渡り歩いたのび太がたどり着いた真実は、うつつまくらとそれに関するすべてが夢だったという現実でした。いわゆる「夢オチ」です。

ただし、本当にすべてが夢だったと簡単には断言できない余白が残されています。うつつまくらは本当にのび太の夢の産物だったのでしょうか。その余白が、うすらぼんやりとした怖さを感じさせる傑作エピソードです。

当ブログにおける見解は「うつつまくらは存在しない」です。夢と現実が入れ替わったことは使用者しか知覚できないはずなのに、なぜかドラえもんが常に状況を把握していることがその理由です。

ちなみに『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』では、このエピソードを「ひみつ道具が登場しない回」として紹介しており、うつつまくらをひみつ道具としてカウントしていません(1)

(1)同書における藤子・F・不二雄先生の役割はあくまで監修にとどまるため、作者本人によって正解が明示されたわけではありません。

まとめ

うつつまくらはのび太の夢の産物であるとして、当ブログでは「もしもドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえるとしたら」の選択肢から除外します。

仮にうつつまくらが選択肢にあったとしても、夢と現実との区別がつかなくなって、ついにはある種の解離性障害を発症しそうな危うさを感じて食指が動きません。

道具名称:
うつつまくら
原作初出:
コミックス第5巻「うつつまくら」
カテゴリ:
「う」から始まるもの / コミックス第5巻 / 万能 / 睡眠
公開日:
2015年10月10日
更新日:
2016年06月07日

関連記事と広告

あわせて読みたい