台風発生機

のび太が道端にガムを吐き捨てた(最低!)のを目撃したジャイアンは、それにつけこんで、自分の部屋を掃除させました。

のび太は自分の非を認めながらも、そんなジャイアンを許せません。そこでドラえもんがジャイアンに仕返しするために取り出したひみつ道具が“台風発生機”です。

機能と効果

ドラえもんの台風発生機は、直径1.5mほどの小型台風を発生させる機械です。

本体のコントロールパネルで、その小型台風の現在地をモニターしながら、風力と進行方向を自由に操作できます。

雨を伴わないのと、屋内でも勢力を維持するのが小型台風の主な特徴です。“台風のフー子”のような意思はもっていません。あくまで気象です

有用性: ★☆☆☆☆

台風は地球のエコシステムに欠かせない自然現象なのでしょう。しかし我々人類からしてみれば、甚大な被害をもたらす天災です。

それをわざわざ人工的に作り出すだなんて自然に発生する台風だけでも手一杯なのに、なにもわざわざ増やすことはありません。

強風を利用するにしても、もっと安全で、もっと取り回しのいいブロアを差し置いて使うほどのメリットは見いだせません。

危険性: ★★★★★

台風発生機のレーダーモニターには、小型台風の周辺状況を表す概略図しか表示されません。意図せず人を巻き込んでしまう事故は不可避です。

そればかりか、のび太たちの使った小型台風は制御不能に陥りました。

「台風発生機の本体を破壊すれば小型台風は消滅する」という最終手段があることを、いざというときのために覚えておきましょう。

悪用度: ★★★★★

小型台風の風力は、発生してすぐに風速20メートルにも達します。望むなら、そこから更に風力を上げられますこれは人や器物に重大な損害をもたらすのに十分な勢力です。

屋内に台風が入り込むことを想定した設計の建築物なんてありません。小型台風が侵入したら、ひとたまりもなくめちゃくちゃになります。

都内の地下鉄駅にある恐ろしく長いエスカレーターへラッシュ時に小型台風を向かわせたら、いったいどれほどの死傷者が出るでしょう。

台風発生機は紛う方ない気象兵器です。

秘匿性: ★★☆☆☆

小型台風は小さ過ぎて気象衛星で観測できなくても、目撃情報や防犯カメラ・ドライブレコーダーの映像から経路をたどることはできます十分な情報が集まれば発生地点を突き止められてしまうでしょう。

発生地点とはすなわち台風発生機だから、原因追及されるほどの騒ぎを起こすのは得策ではありません。

革命度: ★★☆☆☆

風力発電に小型台風を使えば無尽蔵に電気を得られる……、かどうかは台風発生機のエネルギー源がまったく不明なため明言できません。

どちらにせよ1台の台風発生機で賄える電力はエネルギー革命が起こるほどではないでしょう。

となると社会への影響が一番大きい使い方は、気象兵器として破壊の限りを尽くすことです。しかし再生を伴わない破壊を革命とは呼べません。

まとめ

「ジャイアンに部屋の掃除を強要された意趣返しとして、その部屋をめちゃくちゃにするために使った」という経緯は、台風発生機のたちの悪さを物語っています。

ひみつ道具を一つもらえるなんて幸運を前にして、なにもこんな乱暴なものを選ぶことはないでしょう。

「止めてくれるな! 破壊したいんだ!」と言うなら、いっそのこと世界を壊し得るひみつ道具を選べば……。まあなんであれ台風発生機は選ぶに値する決め手に欠けます。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、台風発生機の優先度は星1つです。

道具名称:
台風発生機
原作初出:
コミックス第14巻「台風発生機」
カテゴリ:
「た」から始まるもの / コミックス第14巻 / 天気
公開日:
2020年02月07日
更新日:
2020年02月07日

関連記事と広告

あわせて読みたい