スケジュールどけい

しなくちゃならないことは沢山あるけれど、どれから手をつけるか考えている内に時間が無駄に過ぎていって、結局なにもできないとのび太が言いました。

そんな言い訳染みた主張を聞いて業を煮やしたドラえもんが取り出したひみつ道具が“スケジュールどけい”です。

機能と効果

ドラえもんのスケジュールどけいは、スケジュールを守るように人を指導する時計型ロボットです。

スケジュールを書き入れたカード(四角い紙)を本体中央の挿入口に入れると起動して、高い機動力で対象者をつけ回して執拗に指導します。

対象者が逆らうものなら針状の腕で攻撃してでもスケジュールを強制させます。腕はレーダーにもなっていて、たとえ対象者が逃げ隠れても居場所を探知してどこまでも追いかけます。

一度設定したスケジュールはなにがあっても変更できません。融通がまったくきかないので、状況が変わってもスケジュールを強行します。

有用性: ★☆☆☆☆

ドラえもんはスケジュールどけいを使って怠慢なのび太をなんとか矯正しようとしました。するべきことを先延ばしにして、結局なにもしないのび太のような怠け癖がある人が、自分を律したいときに有用でしょう。

しかしスケジュールどけいには、「融通がまったくきかない」という致命的な欠点があります。原作エピソードでは、必要ないのにトイレに行かされたり、壊れて映らないテレビを観させられたりと、意義のなくなったことも強制されました。

状況の変化が十分に予期できる短期的なスケジュールにとどめればそういった事態を避けられるものの、それでは怠け癖を矯正するには不十分です。

融通がきけば自己管理のトレーナーとして有能なのに……。でもそんな大雑把さもひみつ道具の魅力のうちだから仕方ありません。

危険性: ★★★☆☆

スケジュールどけいは状況の変化を一切無視するので、地震が起ころうが津波が来ようがスケジュールを対象者に強行させると思われます。下手すれば間接的に殺されかねません。長期のスケジュールは設定するべきではないでしょう。

悪用度: ★★☆☆☆

スケジュールどけいが指導するのは、カードにスケジュールを書き入れた人ではなく、カードを入れた人です。カードに勝手なスケジュールを書き入れて、それを従わせたい人に入れさせれば、スケジュールどけいに強制させられます。

とはいえ、スケジュールどけいは常軌を逸した厳しさで指導するだけのひみつ道具です。要は人が暴力で強要するのと変わりありません。秘匿性もなきに等しいので、あえてスケジュールどけいを使って強要する意味はないでしょう。

秘匿性: ★☆☆☆☆

口やかましくまくし立てながら動き回るスケジュールどけいは、いかんせん目立ちます。どうにも隠しようがありません。

革命度: ★☆☆☆☆

スケジュールどけいの人工知能(AI)は、融通かきかないあたりで高が知れています。そのレベルは命の存在を感じさせるドラえもんの足元にも及びません。

まとめ

良かれと思ってスケジュールどけいを使ったドラえもんですが、散々な目に遭って結局は誰の得にもなりませんでした。猪突猛進すぎて使い物にならなかったのです。

コンセプトが良くても、使い物にならなきゃ意味がない。というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、スケジュールどけいの優先度は星0.5つです。

道具名称:
スケジュールどけい
原作初出:
コミックス第3巻「スケジュールどけい」
カテゴリ:
「す」から始まるもの / コミックス第3巻 / サポート / ロボット
公開日:
2014年12月29日
更新日:
2018年04月22日

関連記事と広告

あわせて読みたい