人生やりなおし機

もしも、あのとき、違う道を選んでいたら……。

ひどい誤りを犯しても人生は前へ進むしかありません。そんな世の道理に真っ向から背くひみつ道具が“人生やりなおし機”です。

機能と効果

ドラえもんの人生やりなおし機は、過去へ戻って人生をやり直せるひみつ道具です。

付属のヘッドギアをかぶって、もう一度新たに生き直し始めたい年齢を本体に指定します。するとその時代へタイムリープして、頭脳や身体の能力と記憶を維持したまま、当時の肉体へ意識が乗り移ります。

タイムリープする年齢の指定方法は、本体を始動すると自動的に動き始める目盛りが、希望する年齢に合ったときにタイミングよく実行キーを押すという、多少スリリングなものです。しかも目盛りは1か月ごとにしか振らていません。

本体を操作することでタイムリープする前の時間と肉体へ返ることもできます。ただしタイムリープするのは自分だけなので、人生やりなおし機をもらったときよりも前へ戻った場合は、新たな人生で再びもらえるときまで待たなくてはなりません。

有用性: ★★★★☆

はたして人生をやり直すことが有用なのか? これはもう一人ひとりの人生哲学しだいでしょう。藤子・F・不二雄先生は多分に懐疑的だったようで、人生やりなおし機が登場するエピソードでドラえもんにこう言わせています。

「こんな機械にたよるより、人間の中身を変えていかなきゃ」

てんとう虫コミックス『ドラえもん』第15巻「人生やりなおし機」より

ただ、今を生きる上で背負っている(あるいは背負わされている)苦しみもまた一人ひとりまるで違います。人生をやり直すことを選んだ人がいたとしても、責められはしません。

知識と、それを基にした知恵は人生における強力な味方になります。しかし人生はあまりにも複雑で、やり直した人生がより良いものになるかはわかりません。それでも、チャレンジする意味はあるでしょう。

さて、人生やりなおし機でやり直すのは、なにも「人生」という大仰なものでなくてもいいはず。

たとえば休日です。同じ休日を繰り返せば、好きなだけ連休になります。物品は持ち越せないので、映画鑑賞などの形に残らなくても問題のない過ごしかたに限定されますが、リフレッシュするには十分でしょう。

この使い方の難点は、人生やりなおし機の期日指定が大雑把にしかできないこと。戻り過ぎて通学日や勤務日をやり直す羽目にならないようにするには、動く目盛りを読む動体視力が必要です。

ここぞという使いどきは自分や大切な人にガンが見つかって手遅れだった場合です。早期ガンのうちに発見できれば生存率は跳ね上がります。そのほか病気や事件事故を回避できるこの効力は文句なしに有用です。

ちなみに、タイムリープで人の命を助けようとしても、一筋縄では行かずに泥沼化するのが物語の常です。生き死にの運命に逆らうにはそれ相応の覚悟をしなければならないでしょう。

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
タイプ:
DVD
監督:
エリック・ブレス
発売元:
ジェネオン エンタテインメント
評価:
Amazonでレビューを見る
僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)
タイプ:
コミック
著者:
三部 けい
発売元:
KADOKAWA
評価:
Amazonでレビューを見る

危険性: ★★★★☆

タイムリープという重大な行為にしては、人生やりなおし機の年齢の指定方法はあまりにもアバウトです。タイミングよくボタンを押すだなんて! 数日、下手すると数か月も予定の時期とずれてしまうかもしれません。

しかもタイムリープを取り消すには人生やりなおし機の本体が要ります。人生やりなおし機を手に入れた日よりも前へタイムリープした場合は、否が応でもそのときまで人生をやり直さなくてはならないのです。

そして一番の問題は、過去をやり直したからといって人生が好転するとは限らないこと。自分が自分であることに変わりないことを肝に銘じておくべきでしょう。

悪用度: ★★★☆☆

適当な口実をつけて人にヘッドギアをかぶせれば、勝手にタイムリープさせられます。数日ならともかく、年単位の望まぬタイムリープは酷な仕打ちです。

人生をやり直したことで生じる影響が広範囲に波及していくという、はた迷惑な一面も見過ごせません。当然その過程で不利益を被る人も出ることでしょう。タイムリープで歴史を変えるのは人の分を超えた身勝手な行為だともいえます。

秘匿性: ★★★★☆

人生やりなおし機で過去へ戻っても肉体は当時のものなので、見た目はなんら変わりません。それでも、大人から子供に戻るなどの年齢差が大きいタイムリープだと、言動から周囲に違和感を与えてしまうおそれはあります。

とはいえ、その違和感の根源がタイムリープによるものだと確信する人はまずいないでしょう。

革命度: ★★★★★

意識はそのままに過去の自分へ戻る。それって過去にいた元来の自分はどうなる? 時間とは、意識の連続性とは、魂とは? 世界の整合性が取れなくなるほどの重大なタイムパラドックスが起こるのでは? 疑問はつきません。

それらの答えがどうであろうと、人生やりなおし機が神の領域に干渉するひみつ道具であることは間違いないでしょう。

まとめ

思いの強さの差はあれど、「あのとき、ああしていれば……」という後悔の念は誰もが秘めているものでしょう。その思いを現実にしてしまう人生やりなおし機は、ある意味で究極のひみつ道具です。

今の人生を全否定することになるのだから、余程な事情がない限りは「もしもの人生」へ乗り換えるのは妄想にとどめておくべきかもしれません。逆にいえば、そんな「余程な事情」が身に降りかかったなら、人生やりなおし機の出番です。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、人生やりなおし機の欲しい度は星2.5つです。

道具名称:
人生やりなおし機
原作初出:
コミックス第15巻「人生やりなおし機」
カテゴリ:
「し」から始まるもの / コミックス第15巻 / 人気 / 時間
公開日:
2016年01月30日
更新日:
2017年02月06日

関連記事と広告

あわせて読みたい