ハツメイカー

のび太はいつもひみつ道具に頼ってばかり。これではのび太が成長できないと思ったドラえもんは、たまには自力で問題を解決するようにのび太を諭しました。

けれどドラえもんがきつい言葉を使ったことにのび太がカチンときて、ケンカになってしまいます。売り言葉に買い言葉、挙げ句の果てドラえもんは未来へ帰ってしまいました。

それを知ったドラミちゃんが、一人になったのび太を心配して、二人が仲直りするまでの援助としてのび太に授けたひみつ道具が“ハツメイカー”です。

機能と効果

ドラミちゃんのハツメイカーは、注文に応じた道具を発明して、その設計図を発行する機械です。

「たいていの道具はつくれるわ」(1)とドラミちゃんが豪語するだけあって、原作では下記のような道具を次々と発明しました。

ゴキブリぼう

外敵からゴキブリのように素早く逃げられる帽子。

空中歩行機

空中を歩けるようになる強化外骨格。

オールシーズン花だん

春夏秋の花を一年中いつでも咲かせられる花壇。

ファイタースーツ

ケンカ用人型ロボット。

ドラえもんとなかなおり機

装着した人を強制的に泣かせて頭を下げさせる機械。

もちろんこれらの道具以外も発明できます。

(1)てんとう虫コミックス『ドラえもん』第30巻「ハツメイカーで大発明」より。

有用性: ★☆☆☆☆

「これがあればどんなひみつ道具の代替品でも作れる!」と思ったら大間違い。そうは問屋が卸しません。

ハツメイカーが発明した道具のメカニズムは複雑なのに、のび太でもいとも簡単に完成させられたのは、モジュール化された部品を“材料箱”で用意して、それらを組み合わせて作ったからです。

材料箱はどんな材料でもそろうひみつ道具です。

「ひみつ道具を一つだけもらえる」という条件下において、未来基準の道具をいろいろ発明できるハツメイカーはとても魅力的だけれど、「一つだけ」ゆえに材料箱はもらえません。

未来の道具を構成するモジュールなんて代物は、我々の暮らす現代には存在しません。設計図だけで一から完成させるのは困難を極めるでしょう。それこそ機械製作の素人には不可能です。

専門知識や工作技術のある人材を束ねる製造業でもなければ、ハツメイカーは活用できないでしょう。

危険性: ★★☆☆☆

たとえハツメイカーの設計が完璧だとしても、製作過程に不備があれば安全性は保証できません。なにせ未来の道具を現代の技術で作るのだから、欠陥が生じる可能性は高いでしょう。

しかし材料箱なしに作れる道具の能力は高が知れているので、動作不良による危険性もまた高が知れています。

悪用度: ★☆☆☆☆

ハツメイカーは犯罪に使える道具でも発明できます。しかし完成させないことにはどうにもなりません。

そんなろくでもない道具の製作に多大な労力をかけるくらいなら、その分まじめに働いたほうがまだ実入りが多いというものです。

秘匿性: ★☆☆☆☆

ハツメイカーは人前で使う必然性がまるでないひみつ道具です。

また材料箱なしに完成させられるのは、現代でも普通に手に入る材料で構成された道具だけです。設計図を基に一から製作すれば、その工程で動作原理も理解できるでしょう。

材料も製作方法も動作原理でさえものにしている。つまり自分が発明した道具として堂々と公開しても、なんら支障はきたしません。

革命度: ★★★★☆

材料箱が手に入らない以上、ハツメイカーがあっても「革命的」というほど図抜けた道具は個人で完成させるのはほぼ不可能です。

けれど、もしもあなたが製造業を取り仕切る役職だったなら、ハツメイカーを用いて「産業革命」と呼べるほどの技術革新を起こせるでしょう。

ただしそれは人類が本来たどる道筋とは大きく異なる歴史改変を伴います。便宜上、タイムパトロールと航時法を度外視(1)している当ブログにおいても推奨できません。

(1)この現代にひみつ道具を届けるだけで航時法に抵触すると推測されるため、タイムパトロールと航時法を適応すると、「ドラえもんのひみつ道具を一つだけもらえる」という話の根本が成立しません。

まとめ

スマホや電子レンジやエアコンの設計図を渡されて、「さあ作れ!」と言われたって作れやしません。現代に普及している道具でも、設計図だけを基に一人で手作りするのは困難を極めます。

ましてや未来の道具を作るとなれば雲をつかむような話です。個人がハツメイカーだけをもらっても手に余ります。だからといって企業レベルでハツメイカーを取り扱うのはどう考えても一線を越えています。

二つひみつ道具をもらえるなら、材料箱とのコンボは最有力候補でしょう。けれど一つだけしか選べない条件下では一気に優先度が下がります。

というわけで、もしも『ドラえもん』に登場するひみつ道具を一つもらえるなら、ハツメイカーの欲しい度は星1つです。

道具名称:
ハツメイカー
原作初出:
コミックス第30巻「ハツメイカーで大発明」
カテゴリ:
「は」から始まるもの / コミックス第30巻 / ドラミ / 製造
公開日:
2017年11月15日
更新日:
2017年11月15日

関連記事と広告

あわせて読みたい