どくさいスイッチ

草野球でチームの足を引っ張ってジャイアンにこっぴどく叱られたのび太は、すっかりすねてしまいました。ドラえもんから野球の練習を勧められても、「ジャイアンさえいなかったら」と聞く耳を持ちません。

するとドラえもんは、「ふうん……。じゃ、やってみる?」と“どくさいスイッチ”をのび太に渡しました。なんと、自分の邪魔になる者を消し去るひみつ道具だというのですが……。

機能と効果

どくさいスイッチは、未来の独裁者が作らせた恐ろしいひみつ道具です。このスイッチを押すだけで、気に食わない人をこの世から消し去ることができます。

ターゲットを指し示す言葉(例えば名前)を声に出しながらどくさいスイッチを押すと、対象者はその瞬間に跡形もなくスッと消えてしまいます。ターゲットの指定はあだ名などの曖昧なものでも受け付けます。

複数の人に当てはまる言葉だった場合は、該当者が一度にまとめて消えます。のび太が「だれもかれもきえちまえ」と言いながらどくさいスイッチを押したときは、世界中の人がみんな消えてしまいました。

消えた人は初めからいなかったことになって、人々から忘れ去られます。その存在を覚えているのは、どくさいスイッチを押した人ただひとりです。

本当の機能と効果

実は「未来の独裁者が作らせた恐ろしいひみつ道具」という触れ込みは真っ赤な嘘で、どくさいスイッチの正体は「独裁的な人を懲らしめるためのひみつ道具」です。

人を一度でも消してしまうと、歯止めがきかなくなる。そして自分の周りから人を次々と消していくと、最後には孤独だけが残る。そんな、独裁を推し進めた先に待ち受けるバッドエンドを肌で感じさせて、反省をうながすという算段です。

この本当の目的を果たすため、経過をひそかに見守る立場の人(以下「マスター」という)をどくさいスイッチにあらかじめ登録しておくようです。

さて、どくさいスイッチの使用者(以下「独裁者」という)が実際に人を消してしまえては元も子もありません。この問題を踏まえて考えると、どくさいスイッチは“もしもボックス”と同様にパラレルワールドで再現していると考えるのが妥当です。

原作で独裁者となったのび太は、手始めにジャイアンを消しました。このときのび太とマスターのドラえもんは、ジャイアンのいないパラレルワールドへ移った、という具合です。

この方式ならば、ターゲットに影響を一切与えることなく、独裁者にターゲットが跡形もなく消えたと思わせられます。ターゲットが初めから存在しなかったパラレルワールドなので、人々がターゲットのことを知らない説明もつきます。

ただし、世界中の人がみんな消えても建造物などは残っていたので、ターゲットが作り出したものはパラレルワールドに引き継がれるものとします。

独裁者の反省をマスターが見届けたら、一緒に元の世界へ戻るという手はずです。元の世界へ戻る機能は、マスターのみが実行できると思われます。また、パラレルワールドの物は、元の世界には持ち帰れないとします。

疑問点は残りますが、どくさいスイッチの仕組みは明かされていないので、便宜上この独自の推測を元に話を進めます。

有用性: ★★★☆☆

独裁的な人を懲らしめるという本来の用途で有用かは甚だ(はなはだ)疑問です。心根から独善的で、頭の切れる冷徹な人だったなら、自分にとって都合のよい世界を実現して、「我こそが正義」だという身勝手な確信を深めるだけではないでしょうか。

本来の用途をネタバレした上でどくさいスイッチをもらうのだから、むしろ自分が独裁者になったほうが有用です。ターゲットに実害はないので、遠慮はいりません。自分がマスターも兼ねれば、いつでも元へ戻せます。

しかし、いつまでもパラレルワールドにとどまるのは心情的に難しいはず。心の持ちよう一つとはいえ、元の世界を捨てることに割り切れる人は少ないでしょう。

手近な使い道は、短期間の使用でターゲットの存在が自分や世の中にどのような影響を与えているのかを確認することです。

さて、世界中の人をみんな消してしまったのび太は、誰もいないお店からお菓子やおもちゃを持って帰って、一人の生活を満喫しようとしたものの、孤独にさいなまれて耐えられませんでした。

のび太でなくても、世界で一人きりになってしまうのは辛いもの。けれども、いつでも元に戻せることを知っていれば話は別です。

人が押し寄せる人気の美術展でも誰にも邪魔されずに自分のペースで好きなだけ鑑賞できるし、まるで街中のように登山者でごった返す休日の高尾山だって一人で自然の息吹を感じ取れます。

そういったレジャーに限らずとも、一人になりたいときはさまざまな理由で訪れます。どくさいスイッチが活躍する機会は意外と多いかもしれません。

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
タイプ:
Blu-ray
監督:
フランシス・ローレンス
発売元:
ワーナー・ホーム・ビデオ
評価:
Amazonでレビューを見る

危険性: ★★★☆☆

どくさいスイッチを独裁者として使い続けると、全能感に溺れてしまう可能性が多分にあります。なんとも中毒性の高そうなひみつ道具です。

悪用度: ★★☆☆☆

ターゲットに実害はないので、独裁者として使っても一概に悪用とはいえません。パラレルワールド間を移動することの善悪は、人間の物差しでは計れないでしょう。

秘匿性: ★★★☆☆

どくさいスイッチの使用中は、独裁者とマスターは元の世界から消えています。この世のどこを探してもいない、さながら神隠しです。使用期間が長引けば失踪騒ぎになるでしょう。

そこからどくさいスイッチの存在にたどり着く人がいるとは思えませんが、使用は短期間にとどめるのが得策です。

革命度: ★★★☆☆

どくさいスイッチは、今いるこの世界に直接的な影響を及ぼしません。誰か一人の手に渡るだけでは、革命には至らないと思われます。本当に独裁者として日本に変革を起こしたいなら、“ポータブル国会”のほうがあつらえ向きです。

しかし、どくさいスイッチが量産化されて普及した場合は、「特定の誰かがいない世界」を手軽に確認できることによって、対人関係の在り方が覆るでしょう。

まとめ

個人的には、いくら自分にとって都合の悪い人がいないパラレルワールドだったとしても、そこへとどまるために元の世界を捨てれはしません。ただ、一時的に世界を独り占めできるのはとても魅力的です。

据え置きのもしもボックスにはない、手軽に持ち歩けるという利点を活した裏技的な使い道が、どくさいスイッチにはまだまだありそうな面白味もあります。それでもやっぱりもしもボックスのほうが便利でしょう。

というわけで、もしもドラえもんのひみつ道具を一つもらえるなら、どくさいスイッチの欲しい度は星2つです。

道具名称:
どくさいスイッチ
原作初出:
コミックス第15巻「どくさいスイッチ」
カテゴリ:
「と」から始まるもの / コミックス第15巻 / 人気 / 教訓 / 有名
公開日:
2015年03月27日
更新日:
2017年02月21日

関連記事と広告

あわせて読みたい